新潟おらが村 ばあちゃんの天然野菜屋

干しぜんまい

干しぜんまい

価格 1,800円
商品名 干しぜんまい
内容量 100g
販売期間 通年
手間ひまかけてつくった干しぜんまいは、ばあちゃんの味

天然ぜんまいは、急斜面の湿った岩場などすこし危険な場所に生えていますが、手つかずの自然が育てた味はとても美味です。わたしたちはぜんまいを採取したそばから、干しぜんまい作りの工程に移ります。強火でさっと茹でたあと乾燥させますが、ただ干しただけでは柔らかく仕上がりません。天日にさらしながら何回も何回も手揉みします。すると、戻しても崩れることがなく、太陽の恵みを受けたぜんまいが一年を通しておいしく味わえます。

こんなお料理にどうぞ

食べ方
その1、油との相性がよいので、にんじんや油揚げなどと炒め煮にして、定番レシピに加えて下さいね。
その2、少し多めの醤油、砂糖、みりん、酒で煮ておくと、お弁当にも便利な常備菜として重宝します。
その3、ぜんまいのくるみ入り白和えは、田舎のやさしいお味です。

 

 

乾燥山菜の戻し方

乾燥させた山菜は、主にぜんまいとわらびが挙げられます。
栄養価の高い保存食として一年を通して春の味を楽しめますが、そのままでは食べられません。
ふかふかの山菜によみがえる戻し方をご紹介します 。

 

「ていねいな戻し方」

1、乾燥ぜんまい(わらび)を半日から一晩、水につけ置きします。
2、戻したぜんまい(わらび)を鍋に入れて、水から茹でます。
3、煮立ててしまうとくずれるので、沸騰する直前で火を止め、水で冷やします。
4、冷やす時に、手で軽く揉みます。揉むことによって、柔らかくふっくらと仕上がります。
5、再び水から茹で、沸騰直前で火を止めて、冷やしながら揉みほぐします。これを3回ほど繰り返します。
6、じゅうぶんに柔らかくなったら、水につけずお湯に入れたまま冷まします。

 

「いそがしい時の戻し方」

1、乾燥ぜんまい(わらび)を数時間(半日から一晩が好ましい)、水につけ置きします。
2、戻した乾燥ぜんまい(わらび)をザルにあげ、鍋に入れ替えて水をたっぷり注ぎます。
3、弱火と中火のあいだくらいで熱し、沸騰直前に火を止めて、ひと肌くらいになるまで冷まします。
4、鍋の水を入れ替え、再度火にかけて沸騰直前に火を止めたら、半日ほどそのまま置いておきます。

 

「とってもいそがしい時の戻し方」

1、炊飯ジャーにお湯を注ぎ、乾燥ぜんまい(わらび)を入れます。
2、保温にセットし、数時間ほど置いておきます。

 

商品名 干しぜんまい
価格 1,800円
内容量 100g
販売期間 通年
産地 新潟県 (天然)
お届け時期 通年
配送方法 -
備考 配達日の指定は、できません。
天候等により収穫量が減った場合、お届けできなくなることがあります。
この商品には、料理方法などの資料添付はございませんので、ご了承ください

商品の注文ページへ

旬のイチオシ天然わらび

天然山菜限定セット
おばあちゃんの春セット

 

天然野菜
天然わらび
天然タラの芽
天然ふきのとう
天然こしあぶら
天然ふき(ふきのとう茎)
天然赤みず
天然青みず
天然うるい
天然やまうど
天然青こごみ
天然赤こごみ
天然しどけ
山わさび(栽培)
葉わさび
天然山にんじん
天然かたくり
天然しおで
天然よもぎ
天然イタドリ
天然浜防府
天然茗荷竹
天然あけびの芽
天然あまどころ
行者にんにく
天然あいこ
天然あざみ

 

 

通年・その他の季節
むきくるみ
乾燥わらび
干しぜんまい
乾燥赤こごみ
かきのもと
天然あけびの実
天然自然薯
乾燥よもぎ
干ししいたけ

 

 

漬け物
塩漬けわらび
塩漬けふき
塩漬け山うど
塩漬けイタドリ
塩漬けみず

 

pagetop